ヤギとヒツジのエコ除草 今期終了

2021年12月10日

ヤギとヒツジのエコ除草、今期終了しました。

 

無事とかけないところにいろいろとありました。

子ヤギ(アップ)

ある会社とヤギとヒツジのメェ~管理のご契約いただき、庭にヒツジを放牧していただきました。

その様子は、何度もメーテレでも取り上げていただきました。

 

今年きたヤギは、大きな子から生後数ヶ月の子ヤギまでいろいろときました。

生後数ヶ月の子はとても愛らしい姿を振りまいていました。

大きなヤギは、毎日のように柵に首を突っこみ抜けなくなるという事態を繰り返しました。

結果、ヤギを入れる現場は従来の金属製ネットに加えナイロンネットもつけることにしました。

 

同じ場所で、赤ちゃんが生まれるというビックリするやら、何というやらという事態もありました。

猛暑で日陰を求めて、あるいは土砂降りの中ヤギが脱走したりもしました。

お隣の家の柿の木の葉っぱを食べてしまったこともありました。(お隣の方に許していただけました)

鉄筋棒に繋いでおいたのに、鉄筋棒を曲げて脱走してしまったこともありました。

そういえば、樹脂製の結束バンド(インシロック)が劣化して切れてしまい脱走されたこともありました。

 

初年度には、全く起こらなかったことが今年はいろいろとおきました。

 

なれてきて、管理を週1に減らしたところ、その間にヤギが1頭死んでしまうと言うこともありました。
 

ヤギ除草 千秋町加納馬場三本木 20191123

空地管理のご依頼をいただいていたところで、3区画売れてしまいました。

その分も含め、来年は空地管理できるところを増やしていきたいとかんがえています。