よいストレス、わるいストレス

2021年06月26日

よいストレスとわるいストレスがあります。

実際、軽微なストレスを乗り越えることで成長に繋がります。

でも、過度なストレスは、鬱などの問題を引き起こします。

 

毎月1回のインターネットラジオ(咲江のメンタルタフネスへの道)

を聞いていたら、その線引き?が。

 

・今まで好きだったこと、趣味などのやる気が起きない

・夜寝付けない、早朝に目が覚める、夜中に何度も目が覚める

・前日の疲労感がなかなかとれない

・食欲がない、食べられない、逆に食べ過ぎる。過食する

・頭痛、耳鳴り、めまい、腹痛、下痢、便秘が続く

・気分が落ち込みがちで憂鬱

・仕事に集中できず、効率が落ちた

・小さなことでも決断できない

・何でも悪い方に考える。自分を責める。

これがほぼ毎日、2週間以上ずーっと続いているなら、体と心が疲弊しているサインとかんがえたほうがいい。

 

こういった症状が出てきたら、まずは、内科など身体の問題を調べる。

それで問題無ければ、心の病気を調べる(心療内科やカウンセラーなど)

 

 

スモールサン インターネットラジオ

咲江のメンタルタフネスへの道(2021年6月23日)

https://www.youtube.com/watch?v=BDp-ng7R-8g&t=86s

 

 

 

厚生労働省の「こころの耳