韓国籍の方の相続

2021年02月02日

毎月第2火曜日の夜に開催している学習会で、

 韓国籍の方の相続のお仕事をした旨発表がありました。

 

ご相談内容

 韓国籍の父が他界したので、必要な手続きを行いたい

 

手続きについて

 ・韓国民法を調べ法定相続し、登記しました。(司法書士)

 ・戸籍など必要な書類を韓国領事館にて取得しました。(行政書士)

 ・相続税は、日本の法律になるため、相続税の申告を行いました。(税理士)

 ・登記、税務申告に当たって、訳本を作成しました。

 

 

相続人が在日三世にあたる方で、民団などとのつながりがない方でした。

以前は、民団や総連などの友人から対処方法が聞けたそうですが、今はそれが難しいそうです。

 

私たちのグループには、韓国の戸籍取得や帰化などに長けた山本行政書士がいるので、彼女に差配していただけます。

 

https://www.ando-fudousan.com/sodankai/

 

 

お申し込みはこちらから