売買取引のIT重説 本格運用

2021年01月29日

かねてから社会実験されていた、オンラインでできる重要事項説明(安藤不動産のブログ)が、4月1日から本格運用に移行するようです。

 

説明はオンラインでできても、書類に取引士が捺印した上で、先に送られていないといけないなどなかなか普及に壁がありました。

重要事項説明は売買契約の前に行うことが法律で決められているのですが、実務では契約のときにまず重要事項説明をして、その流れで売買契約をするという、よほどのことがない限り意味の薄い手続きになっていました。

 

安藤不動産では、できるだけ契約より前に重要事項説明をしたいと考えていますが、半日余分にお時間をいただくのでなかなか進みませんでした。

IT重説でも、重説は先に買主さんの元に現物が届いていないといけないと言うことで、重説日の3~4日前には郵送と言うこともハードルが高かったです。

本格運用でもこの点は改善されませんが、政府が認印を廃止しようと進んでいることから、この規制も排除できるかなと思っています。

 

 

ネットでできるようになるのはありがたいです。