エンディングノート

2020年09月30日

お客さまとお話ししていて、将来親の介護をしないといけない。

親戚からもそう言われているし、現実同居している自分の仕事とは思っている。

でも兄弟がいるなかで・・・というお話しがあり、だったら、エンディングノートや遺言などを書いていただきましょう。

とお話ししましたが、

 

書いてくれない。そういう人だから。と言われました。

 

エンディングノートは、亡くなったあとのものと思われがちですが、生きている間にも役に立ちます。

 突然入院することになったとき、クレジットカードなどを無くしたときなど。

 

入院するときに、アレルギーや過去に合わなかった薬が書いてあれば、それを伝えることができます。

クレジットカードを無くしたとき、一旦止めるにしてもカード番号や会社の電話番号が分かれば解決が早いです。

 

伝え方もあると思いますが。

 

エンディングノートは、保険の外交員に言えばくれると思います。

 たぶん、保険に関してしっかりかけるようなエンディングノートです。

葬儀会社でもくれると聞いたことがあります。

 たぶん、葬儀に関してしっかり書けると思います。

 

 

いろいろと思うことはありますが、言えることは書いてきて損はないと言うことです。