税金の相談について(譲渡所得税)

2020年07月26日

先日(7月24日)のブログで、税金の相談について対応済みと書きました。

 

 

税金に対する安藤不動産の対応ですが、原則毎月開催している

「プロにおまかせ!身近な悩みの相談会」で税理士さんの時間があるので、その時間を優先予約していただくことで対応しています。

 

 

中古で購入されたご自宅を売っていただいた方の事例。

不動産を買った価格より売った価格のほうが高いときは譲渡所得税がかかります。

通常安ければかからないのですが、条件によってはかかることがあります。今回はそんな事例です。

 

5年前の購入価格が2100万円、売却価格が2000万円で、赤字で売っているので大丈夫のような気もするのですが、税理士に簡易な計算をしてもらったところ、減価償却があって本来税金が発生することがわかりました。と言っても確定申告をしなくて、後に見つかった場合でも不申告加算税を加えても税額は最大10万円程度。税理士が確定申告すれば5万円かかり無税(3000万控除が使える)どっちにする・・・?といった状況です。

 

 

税金のポイントをお話しして、お客さんと話して、ご自身で調べると言われればお客さまにおまかせ。
税理士に相談したいと言われれば、第3土曜日に開催の相談会に来ていただく。
相談会は私も同席して気になっているポイントをお客さまの前でも税理士に伝え説明し、簡易な計算をしていただく。
ここまではお客さまにも費用が発生しません。

 

このあと、実際に確定申告をご依頼なされば税理士の報酬(5万円程度)が発生します。