建物解体工事の価格

2020年05月29日

最近、解体業者さんの飛び込み営業が増えてきています。

普段、おつきあいしている解体業者さんに聞くと仕事量はあまり減っていないというので、土木とか他の仕事が減っているのかなぁ?

(土木工事も、家屋の解体工事も免許を持っている会社なら、人員をシフトするだけなので。)

 

昨日、家屋の解体見積もりの比較サイトを運営している友人と話していたら、

問い合わせ量が激減しています。とのこと。

コロナの影響で、建てかえのための解体工事が急減しているとのこと。

住まなくなった家の解体は引き続き、需要は減っていません。

 

友人が言うには、怖いのは、不法投棄ですよね。

不法投棄の排出元とされれば、解体業者に相場どおりの代金を払っても最終的な責任を負うことになります。

 

現在、安藤不動産に飛び込み営業で来る業者がそれをするかは分かりませんが、新しい取引業者を増やすリスクは負いきれません。

異常に安い価格を提示されるとは限らないので、不法投棄をしている業者かを見分けるすべはないので、既存の業者さんの社長とのコミュニケーションを密にとって確認していくしかないです。