建物の解体価格が上がっています

2019年11月18日

最近、建物解体の価格が上がっています。

体感で1年あたり2~3割

 

不法投棄が増えています。

今日、建物解体に関する仕事をしている友人と会ったので価格について質問してみたところ、今後さらに価格は上がると言っていました。ただ、ショックだったのは、処分場がキャパオーバーしているため、不法投棄が増えている。京都では、平年の4倍以上の不法投棄がある。と。

 

 

不法投棄は、最悪ゴミを排出した人が責任をとらさせられます。

数年前にCoCo壱番屋さんのビーフカツを、県の免許のある産業廃棄物処理業者に処理を依頼したにも関わらず、その業者が不法な処理をし、結果CoCo壱番屋さんが責任をとらさせられた。というニュースがありました。CoCo壱番屋さんは、社会的責任だけで改めて処理したわけではありません。法律上の責任もとわれて対応しました。

 

建物解体でも同様です。

安いからと依頼した業者が不法投棄すると、依頼者が責任を問われます。安藤不動産はこれから、きちんと処理できる業者としかお付き合いしません。ご紹介する業者は、「近隣に迷惑をかけない」だけでなく、きちんと処理したことが証明できる業者とします。

売ったあと、思いも寄らない責任と出費のないように。