競売 落札額は、最低売却価格の3倍!

2019年05月09日

今日は、不動産業者の集まり。

 

その中で、「競売」が話題に上がりました。

競売は、借りたお金が返せなくなり、強制的に担保(多くは不動産)を売却し現金化し、納税や借金返済に優先的に充てられるという制度です。

 

競売で売却された人は、「強制的に」売却されたので納得しきらず、購入した人にトラブル無く引き渡されるかはわかりません。なので、一般的には市況価格より安く手にはいると言われています。しかし、最近はそんなことはないようです。

 

昨年、弊社のお客様が購入された不動産は、最低価格が800万円にたいし、落札額が1300万円。1.5倍以上でした。

私は売れても1100万円までと思っていましたが、2番手の方も1250万円でした。

 

今日話題になったのは一宮市で900万円で競売に出されていた物件が、2600万円、6000万円で出ていた物件が1.8億円

2600万円の物件は購入者がそのままリフォームして使用されるそうです。1.8億円の物件は収益物件なのでご自身が使われることはありません。

 

ただ、メンバーのなかで、最近、想像がつかない落札額のことが多いのは事実。でも、売り物件がないと不動産業として営めない。・・・ということです。

ちょっと、過熱感を感じました。