不動産業ビジョン2030

2019年05月02日

毎日ブログを書くことに苦労しています。

10連休って、こんなにネタがないのか!!というほど。

 

さて、10連休のなかでも郵便物が届きました。

さすがに10日も郵便局に留め置かないのですね。

 

宅建協会(ハトマークの協会)からは、「空き家対策の取り組み」がトップ記事の冊子と「古民家ビジネス」がトップ記事の冊子
他に、住宅新報(業界紙)。これでネタが何とかなる。

 

 

住宅新報では、「不動産業ビジョン2030」がトップ記事。

以前にもこのブログで取り上げたことがありますが、小見出しで「今こそマーケットインへ」・・・って、今までマーケットインじゃなかったんでしょうか?

マーケットインというのは、市場(お客様)のニーズに合った商品を出すということ。作りたい物を作って売るのではなく、お客様が求めるものを・・・ってどの業界もやっていることなのですが、それを磨いていきましょうということ。

 

記事には、フリーアドレス、サテライトオフィッス、シェアリングエコノミー、IoT住宅設備などが上がっています。

IoT住宅設備は、慣れれば手放せないかもしれませんが慣れていない人がわざわざコストをかけて求めてくれるかなとは思います。

 

記事には、「働き方改革を支える今後の不動産のあり方検討会」というものもできているそうで。。。

不動産と外部環境の変化はこれからも翻弄され続けます。