新年号 令和

2019年04月01日

今日から、新年度が始まりました。

安藤不動産は、これまでと特に変わることなく、淡々と。

 

ただ、新年度になり人事異動などメールや電話で何通かいただきました。

 

お昼前、新しい年号が発表されました。

安倍総理が公私混同して「安」とか「晋」とか入れるのでは?という噂(ネタ)はありましたがまったく関係のない単語に落ち着きました。

 

不動産業界は、年号が使われている書類が多いので、そして宅建協会の書式では変更ができないようにロックがかかっているので当面の対応は「二本線で訂正」になります。

他には、平成に建てられた家、令和に建てられた家で差が出そうです。

平成20年頃、戸建て住宅の平均寿命が26年くらいと言われていたとき、中古住宅を探しておられるお客様から「昭和の家は検討外」と言われたことがありました。実質は大差ないのですが、感覚として、昭和=古いと言う時期がありました。そして、それが今度は平成に。原因日付を弄れる状況の人はいじるかも知れません。

 

フリー素材集いらすとやに早速アップされていましたので使用しました。

令和 イラスト