働き方改革

2019年03月12日

今日は、日ごろお世話になっている岐阜信用金庫の「ぎふしん青年重役会」の勉強会に参加してきました。

勉強のテーマは「働き方改革」

 残業が月平均60時間までしかできなくなるとか、いわれていますが、そんな単純な計算ではありませんでした。一度教えてもらっても簡単には覚えられなさそうです。

 有給休暇で年5日、時期を指定して取らせなくてはならないと言うこともあります。安藤不動産は、以前から有給休暇は権利としてとっていただいていますが、対応が必要のようでした。それは、下記の黄色いところに入る人には、会社として指定しなければならないのです。

 

 

 他の参加者の方と話をしていると意外と有給休暇を取らせていないということが分かりました。労働基準監督署が来ると、場合によっては経営者が逮捕されてしまいますので対応しなくては・・・と言っておられた経営者の方もおられます。

 

昨日の夜、あるハウスメーカーの20年目と3年目の営業担当者と食事をしていました。その中で、働き方が話題になりました。

20年目の方は、昔はこうだったけれど、自分も若いときには受けいれられなかったし、今の若い人には受けいれられないよね。と話していました。

3年目の営業の方は残業をしないようにいわれているし、休みに車のエンジンをかけたりノートパソコンの電源を入れただけでも上司に連絡が行ってしまう。働かなくても良いとはいっても先輩のようには経験が積めていないのは将来に大きな不安と話していました。

 

働き改革関連法案は、4/1施行です

パートの有給休暇