自分でやってみる登記

2019年02月25日

昨日買い取った不動産の所有権移転登記を、自分で申請しました。

 

インターネットで書式と記入例をダウンロードして、

必要箇所に売主は実印、買主は認印を押して、売主の印鑑証明書と権利証、買主の住民票を添付して

法務局で、収入印紙を買って、申請窓口に出すだけです。

 

若干間違いがあっても受け付けてくれて、後で直しに来るよう電話が入ります。なのでとりあえず出した方が得。

 

 

最近、安藤不動産のお客様でも自分で登記申請をしたという人が増えてきています。

 

抵当権の抹消、地目変更、相続などです。

意外と簡単にできた♪と言う人が多いです。

 

 

所有権移転登記や抵当権設定登記は司法書士、地目変更登記や建物の表示登記は、土地家屋調査士が専門です。

難しい内容や、借入があるなどでどうしても使わなくてはならない場合を除き、一般の方が自分でやられることが増えてきています。

 

せっかく難しい試験を受かってもたいへんな時代になってきていると感じました。

 

 

登記完了予定日について