安藤不動産の独自性

2019年02月16日

本日、一宮市千秋町加納馬場字郷前の買付申込みが入りました。

これで、この加納馬場字郷前は全て契約済みまたは申込み済みとなりました。

 

今回、最後の区画を買っていただいたお客様が建築を依頼されるハウスメーカーの方と早速打合せをしました。

初めてお目にかかるので緊張しつつお話ししているなかで、

 

安藤不動産の独自性や特徴って何だろう?と考えました。

 

仲介や不動産買取は、どこの不動産業者もやっています。

・・・やっぱり、千秋町を中心にやっていることかな?

・・・やっぱり、調整区域をやっていることかな?

 

結論は出ませんでしたが、大手不動産業者がやらないことでも構わずやっていることはあると思います。

それが、なかなか実にならなくても。

 

 

農地(宅地見込み地)の売買。手間と時間がかかるので大手はやりたがりません。

不動産の買取、抵当権がついているようなものでも買っていました。

 最近は、あまり買い取らなくなっていますが、止めたわけではありません。

 

農地を買い取ることは止めてしまっていますが、まだ独自性は探せばあるだろう。と思っています。