許可申請の資料

2019年02月08日

先日お客様の親からお電話があり、家を建てるための許可が取れないそうだがどうすればいい?とのことでした。

この家を建てるための許可は、一宮市開発許可基準第1号です。

 

詳しくはまた後日書くつもりですが、

許可基準のなかに

 ・その調整区域内(大規模集落)両親または祖父母昭和45年11月23日以前から結婚して、継続して居住し続けていなくてはならない。

というルールがあります。

 

結婚しているだけなら戸籍謄本で証明できますが、住み続けていることは「戸籍の付票」で証明します。

問題はこの付票、引っ越しするとその履歴が書き加えられていくのですが、昔は紙に書かれているので書けるスペースがなくなると新しい紙に書き加えられていきます。

そして、古い紙は新しい紙ができて10年後に捨てられます。そんなに引っ越していなくても、亡くなって10年後に捨てられます。

 

今回のお客様は、祖父母が亡くなって10年経過し戸籍の付票がとれなくなったと言うことです。

この場合、電話帳や住宅地図、小中学校の在学証明などを傍証として提出します。

しかし、公務員って、楽な仕事だなぁ。とつくづく思う(本音)

 

一宮市が捨てた書類を、一宮市が持ってこい!

 無ければ、本来許可されることを一宮市は許可しない。