不動産の売り方 ①

2019年01月09日

1月6日のブログからの続きで

 安藤不動産の不動産を売ることについての考えです。

 

 売主さんは、高く売れることが望みという方は多いのですが、なかには安くても良いから確実に売り切って欲しいという方もおられます。

 

 お客様の要望を伺って、一番いい売り方を用意しています。

 

 「高く売れるなら売りたいけれど、売れないならそれも仕方ない」というお客様。

 ご希望の値段で売りに出します。Yahoo不動産には出しっ放し。最初の3ヶ月は隔週でAthome、Suumoにも掲載いたします。3ヶ月後(専任媒介更新後)は、1ヶ月に1週間に頻度を落として掲載いたします。現実、昔(バブルの頃)は・・・といわれる方もおられますし、それでも欲しいと言われる方がいないわけではないので出しています。たいていは売れませんが、努力もなしに、売れないとも言えないので。

 

 「売れる範囲で高く売りたい」というお客様。

 査定額よりやや高めに出して、あとは値交渉で調整します。売り方は、上の方と同様ですが売りたいという意思は強い方なので、売れる努力はし続けます。具体的には3ヶ月更新後でもAthome、Suumoの頻度は下がりません。

 

 高値で売りたいという方はどうしても「仲介」になってしまいます。

 専任がいいか、一般がいいかは良く聞かれます。

 私は、その不動産業者が何をしてくれるのかによって変わると思います。

 情報発信をちゃんとしてくれるなら、複数社依頼するメリットはあまりありません。

 安藤不動産は、インターネット広告でSuumo、Athome、Yahoo不動産に掲載しており、レインズに登録することで、同業他社にも告知を図り、建築業者にもDM(FAX)を送っています。ご了解がいただければ看板も立てますので、他社に重ねて依頼されるメリットはあまり感じません。

 

明日(1/10)に続く